• ホーム
  • タワーマンションの低階層を借りてセレブ気分

タワーマンションの低階層を借りてセレブ気分

高級なマンション

都市部を中心に、最近では20階以上の階数を持つタワーマンションが建っています。
そういうマンションの高階層から見える街の景色が素晴らしいと思うかもしれませんが、10階以下の低階層においても十分にセレブな生活を送ることができます。
タワーマンションが建っている立地条件はとても良く、駅近物件も多数あります。
同じ駅近でも複数のタワーマンションが建っていることもありますので、立地条件としてはそれほど悪いところは少ないです。

地震や災害があった場合には、避難をしなければいけませんが、その際にエレベーターが稼働しているのかどうかは分からないことがあります。
エレベーターが稼働しないのであれば、階段を利用することも容易にできます。
日本だとどこに住んでいても地震が起こる可能性はありますので、そのための備えがしやすいという意味で低階層に住む人もいます。
タワーマンションは制震構造や免震構造を備えていますので、高階層のほうが低階層よりも揺れは大きいです。
低階層のほうが、揺れが小さいために家具などが倒れる可能性は低くなります。

高階層の人たちは、外に行くのにエレベーターを使うしかないですが、エレベーターの待ち時間がそれなりにかかるのが難点です。
それに対して、低階層の人たちはエレベーターを使う選択肢と、階段を使う選択肢の両方があります。
待ち時間が気になるのならば、階段で下りるのにそれほど手間がかかるということでもありません。

同じタワーマンションの中でも高階層と低階層とでは、賃料が異なることがあります。
低階層は眺望の良さについては劣るところがありますが、共有施設や設備については同じように利用することができますので、セレブのような生活をすることは可能です。
タワーマンションであれば、住民しか利用できない豪華な施設もありますので、住みやすいと感じるでしょう。
マンション内だけでなく外に出たとしても、駅近でとても便利な施設がたくさんありますので、住みやすく利便性が高いです。

タワーマンションは便利な立地にありますので、比較的賃料が高額になるのは仕方がないところです。
賃料が高いとはいっても、高階層の住民に比べると、低階層の住民のほうがまだ安く借りられる可能性があり住みやすいです。
賃貸物件としてもとても人気がありますので、たとえ高額だったとしても借りたい人はたくさんいます。
低階層でもタワーマンションの魅力が十分に味わえますので、価値は高いです。

関連記事
人気記事一覧