• ホーム
  • ペット可の賃貸でも住民には気を使おう

ペット可の賃貸でも住民には気を使おう

一戸建て住宅であればペットと共に住んでも別に構わないということがありますが、賃貸物件であればなかなかペット可の物件は少ないです。
ただ、最近の賃貸物件では、ペットを飼うことができることを売りにしているところが増えてきています。
そういう物件は最初からペットと共に過ごすことを前提として設計が行われているところもある一方で、以前は禁止だったけれども時が経ってペット可になったというところもあります。
前者の場合は住民がそもそもそういう売りに釣られて入居しているのでまだいいですが、後者の場合は必ずしも入居者全員がペット好きというわけではありませんので、飼う場合は一定の配慮が必要になります。

犬や猫などの騒音が気になるという人も中にはいます。
家では静かに過ごしたいと思っている人が、動物たちの鳴き声に悩まされるとなると、あまりいい気持ちはしないです。
きちんとしつけをしていれば迷惑となるような鳴き声を発することは無いはずですが、なかなかしつけがうまくいかないということもあるでしょう。
動物たちの動き回る騒音にも十分に気を付けた方が良く、床に防音マットを敷くなどの対策を講じたほうがいいです。

周辺住民にとっては動物たちのニオイが気になるという人もいます。
そういう動物たちのニオイがあまり好きではないと思っている人もいますので、共用部などに出る時にはフンなどはきちんと処理をすることはもちろん、動物を清潔にするということが欠かせません。
賃貸で飼うともなると、周辺住民にニオイなどが伝わることもあるため、こまめにシャンプーをすることによって体臭を防ぎ、清潔に保つことが必要となります。

ペットを飼っている人にとっては、住民全員がペット好きだと思っているかもしれませんが、実際にはそういうわけではないという点に注意してください。
そもそもペットに関する価値観が飼い主とそうでない人は違いますので、きちんとマナーを守れていない人に対する風当たりはとても強いものになりがちです。
住民同士の価値観の相違からトラブルが起こったりもしますし、きちんとマナーを守れていないのであれば迷惑になりますので、退去させられるということも十分にあり得ることです。
トラブルにならないためにも、きちんとペットに関するルールを守るということを心掛けてください。
きちんと気を付けて管理をしさえすれば、ルールも守ることができ、トラブルも起こらないでしょう。

関連記事