• ホーム
  • マンションとアパートに厳密な違いはない?

マンションとアパートに厳密な違いはない?

鍵を出している男性

似たような集合住宅で、マンションと書かれていたり、アパートと書かれていたりすることがあります。
実際のところは、法律などで厳密な基準があるわけではありません。
不動産会社などが何らかの基準によって、マンションやアパートと言っているに過ぎないということです。
もしかすると、別の言い方としてコーポとかハイツと言っていることもあるかもしれませんが、これらは基本的にアパートと思っても構いません。

それでは一般的にマンションとアパートの違いというのはどこにあるのかと言うと、構造にあります。
不動産会社は広告で、建物の構造の違いによって分類しています。
マンションにおいては、階数で区別があるというわけでは無く、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造などの構造になっていることが多いです。
都心になると中にはタワーマンションのような巨大建物も存在し、階層によっても家賃が異なるということも十分にあり得ます。

マンションの場合は造りがしっかりしていることから、耐火性や耐震性に優れたものが多いです。
遮音性が高いためにそれほど隣人や上下階の騒音について気になるところが少ないです。
更にセキュリティについても十分に配慮したところも多いですので、暮らしていて安心するところでもあります。
しかし、アパートに比べると家賃は高い傾向にありますし、管理費についてもそれなりに取られることになります。

アパートの場合はマンションに比べて階数はそれほど高くなく、せいぜい2階から3階程度です。
構造においては木造もしくは軽量鉄骨造になります。
造りがマンションと比較するとそれほどしっかりとしていないために、家賃においては安くなる傾向があります。
木造の場合は通気性がいいために、熱がこもりにくいという特徴があります。
しかし、遮音性が低いために騒音などによるトラブルが起こりやすいということがあるので、騒音には注意をしたほうがいいでしょう。

自分がどちらに住んでみたいのか決めたのであれば、実際に物件に行って下見をして間取りなどの確認をしたほうがいいです。
現地に行かないと分からないことが多いので、間取りだけで無く周辺環境などにおいてもしっかりと確認をするべきです。
特にマンションの場合は、どのような階層に住んでいるのかによって暮らしが異なったり、満足度などに違いがあったりもしますので、下見をした時に生活のシミュレーションをするのもいいでしょう。

関連記事
人気記事一覧