• ホーム
  • 不動産会社の質は店頭を見るだけでわかる!

不動産会社の質は店頭を見るだけでわかる!

色々なビル

物件を探すのであれば、評判のいい不動産会社を選ぶ必要があります。
物件選びはとても大切ですが、それ以前に不動産会社選びを間違えてしまうと、トラブルにつながる恐れがあります。
不動産会社の質については、店頭をチェックすることによってある程度確かめることが可能です。
店頭を見てなにか違和感があるのであれば、おそらく管理能力に欠けているかなというようにみなすことができます。
見た感じから低質だなと思うのであれば、仲介の依頼をしない方がいいです。

まず店頭を見た時に、ガラスやチラシが汚れているというのは、きちんと管理ができていないと思うのが当然です。
ガラスやチラシが汚れているのはお客様にとっていいことでは決してありませんので、サービス業として決していいことではありません。
店内を見て書類が乱雑に散らかっているという状態なのは、大事な書類すらきちんと管理をすることができないということになります。
個人情報がきちんと管理されないと、書類を紛失してしまうことにもなりかねません。
管理の質が悪いので、トラブルが起こる可能性が高くなります。

スタッフの身なりや言葉遣いについてもしっかりとチェックをしておくべきです。
基本的なビジネスマナーに問題があるのは論外です。
ビジネスマナーに違和感があるようなスタッフは、基本的なマナーにも問題があるケースが多いため、不快に感じることにもなります。
お客様相手にはきちんとしていたとしても、不動産会社間ではぞんざいな言葉遣いになる人もいることがありますが、それもあまり好ましくありません。
一般的には管理能力に問題があるケースが多いため、やめておくに越したことはありません。

不動産会社に行くといろいろな物件のチラシや広告があったりします。
その中でどのような言葉が使われているのか注目します。
表示を裏付けるような内容があれば問題は無いですが、そういう内容が無くただ誇大広告になっているような言葉については、不動産公正取引協議会で禁止されています。
どの不動産会社でも不動産公正取引協議会に加盟していますので、広告に対するルールはきちんと守る必要があるということです。
具体的には、完ぺきや絶対、最高、完売などの言葉が該当し、裏付けが取れないようなものは違反しているというわけです。
違反していると分かっていても使用するような会社は、法令違反を気にしない低質な会社の可能性があるため、避けた方が良いです。

関連記事
人気記事一覧