• ホーム
  • 安すぎる賃貸は危険?事故物件の定義

安すぎる賃貸は危険?事故物件の定義

賃貸物件を借りる時にはなるべくならば安い方がいいと思いがちです。
ただ、安すぎる物件に関して言えば、場合によっては事故物件の可能性があります。
事故物件とは自殺や殺人事件、火災などの不祥事で前の居住者が亡くなった履歴がある物件のことを言います。
ただし、病死などの自然死については該当しないケースが多いです。
入居者を募集する場合には、きちんと清掃をしたり内装を張り替えたりすることになります。

特に殺人事件が起こったのであれば、そもそも周辺地域の治安が悪いという可能性があります。
賃貸物件の形状などから侵入を許しやすいということもあり得ます。
火災が起こるのであれば、なぜ火災が起きたのかということについて確認をしたほうがいいです。
何らかの不祥事によって事故物件と言われるわけですので、不祥事がなぜ起きているのかということを把握しないことには、なかなかそこに住もうという気にはならないです。

事故物件と言われて借りるのはあまりいい気持ちがするものではありません。
大抵の場合は借りるのを遠慮したいと思うでしょうから、周辺の賃貸相場に比べてかなり安いケースが多いです。
こういう物件は、ワケあり物件と言われます。
事故物件を大っぴらに公表すると入居者がいない可能性がありますので、あまり公表したがらないです。

事故物件と言うのは死亡事件などの心理的瑕疵物件だけでなく、建物自体の欠陥があるなどの物理的瑕疵物件についても定義されています。
事故物件と呼ばれるものは、意外と定義が広いことが分かります。
こういうワケあり物件を仲介する際は、入居者に告知をすることがルールになっています。
仮に告知無しで入居してしまい、後に事故物件だと分かった場合は、告知義務違反があるのではないかということで裁判を起こされることがあります。
裁判を起こされるくらいなら、早めに告知義務を果たしたほうがいいということです。

ワケあり物件を紹介する時には、告知事項ありとか瑕疵ありという形であらかじめ明示されていたりします。
知らないで入居して後からトラブルが起きるのは決して良くありませんので、あらかじめ告知をすることになっています。
ただし、告知する期間については明確になっていませんので、事件が起きてから期間がだいぶ過ぎたのであれば告知されないケースが多いです。
不動産会社から告知されないケースもありますので、事故物件ではないかと自分から確認することをおすすめします。

関連記事