• ホーム
  • 心理的要因からの勃起不全

心理的要因からの勃起不全

2018年10月07日
困っている男性

最近は、若い人でも勃起障害で悩むケースがあります。
勃起障害は、性交するときに勃起できないため、満足に性交ができない状態です。
勃起障害で悩んでる人は、日本国内に1000万人以上もいます。
高血圧や動脈硬化、糖尿病など、生活習慣病が原因となっている勃起障害もあれば、ストレスなど心理的要因で起きる勃起障害もあります。
高血圧や動脈硬化、糖尿病などの患者は、勃起障害が起きやすいので、気を付ける必要があります。
心因性の勃起障害は、現実心因と深層心因に分けることができます。
現実心因は、プレッシャーやストレスなどです。
深層心因は、幼児期のトラウマなどです。
深層心因が原因の場合、本人に自覚がないため、治療が難しいケースもあります。
また、日本人に多い原因が、仕事によるストレスです。
特に30代や40代など、会社での責任が増える年齢の人は、ストレスを抱えて男性機能が低下してしまう人が少なくないです。
30代や40代の男性は、生活習慣が乱れている人も多いので、血管壁が弱って症状を悪化させることもあります。
マスターベーションができるのにセックスできない場合、心因性の疑いがあります。
心因性の勃起障害になった場合は、バイアグラやカマグラで勃起障害を改善するのを目指しましょう。
専門クリニックの中には、これらのPDE5阻害薬による治療と併用して、カウンセリングを行なっているクリニックもあります。
お酒をよく飲む人は、治療中はお酒を控えた方がいいです。
また、PDE5阻害薬は、油の多い料理を食べた後に内服すると、吸収が悪く効果が十分に出ないこともあります。
PDE5阻害薬は安全な治療薬ですが、報告されている副作用もあるので、服用する時は、必ず医師の指導を受けて服用することが大事です。

関連記事
勃起障害に有効な医薬品の製造会社

日本で販売している勃起障害に効果がある医薬品は、安心して有効を確かめることができます。まず偽物が入り込む隙がなく、医師の確かな診察を受けて処方される医薬品ですので、持病がある方であっても安全に服用できる環境が整っていますので安心してください。勃起障害は生活習慣病である糖尿病や高血圧といった症状でも引

2018年11月21日
勃起障害を改善する料理と食材の使用方法

勃起障害は男性によっては深刻な問題として捉えている人も多く、特にパートナーがいる場合はパートナーとの性行為に悪影響を与えてしまうため改善したいと考えている人も多いです。そんな勃起障害の原因の多くは男性ホルモンによるものが挙げられているのですが、それ以外にも挙げられている原因として食生活の変化が挙げら

2018年11月05日
身体的要因からの勃起不全

勃起不全と呼ばれることもある勃起障害はさまざまなことが原因となって引き起こされる症状です。中でも身体的要因によって引き起こされる場合は「器質性勃起障害」と呼ばれるタイプに分類されます。ではこのタイプの勃起障害を引き起こす原因としてはどういった身体的要因があるのかというと、まず大きいのが高血圧です。高

2018年10月21日
勃起障害や薄毛は病院で相談できる

通常のように勃起しない、いわゆる勃起障害に悩んでいるといった男性の方は日本中にいらっしゃいます。年配の方だけでなく、20代30代の若い方にも勃起障害が発生することがあり、バイアグラなど市販の精力活性剤などで対策をとっているといった方も少なくありません。また同じように市販の育毛剤や発毛剤を使うことで対

2019年04月26日
性的興奮で勃起しない時は勃起障害?迷わず泌尿器科へ

日本は、ストレスが多い社会であることも影響して、ストレスによる心の病気が増えています。男性の場合、ストレスが原因の勃起障害に悩む人も少なくないです。勃起障害というのは、性交時に勃起しなかったり、十分な勃起を維持できない状態です。勃起は、性的な興奮を感じた時に、血管と神経が正常に働くことによって起こり

2019年03月15日
夫が勃起障害を自力で解決できないときは

毎日忙しい職場で働いていると、ストレスがたまり、疲労もなかなか抜けなくなるので、体にもさまざまな影響があらわれるようになります。勃起障害もそのうちのひとつですが、血液の循環が悪くなると、なかなか回復しなくなるので、自力で治そうと焦れば焦るほど、余計にうまくいかなくなることがあります。奥さんとしては心

2019年02月03日
高血圧でも勃起障害でEDの薬を併用しても問題ない?

勃起障害が起こる原因は様々ありますが、中でも普段から服用している薬によって勃起障害が起こってしまうことを薬剤性EDと呼びます。精神安定剤や睡眠薬、あるいは高血圧の治療薬の中にも勃起障害が起こる副作用があるものがありますので高血圧の治療をしている人で勃起障害が起きている場合には、年齢のことだけでなく薬

2019年01月02日
問診票でわかる勃起障害とその症状の危険

良く勘違いしている方が多いのが、勃起障害の診察は男性器の反応を調べると思い込んでいることです。医師の前で男性器に刺激を与えてその反応を見られることを想像してみてください。これだけで診察を受けようと思う気持ちを阻害させられるはずです。実際はそのようなことはなく、問診票の診察を実施しています。勃起障害の

2018年12月08日