• ホーム
  • 虫対策!部屋への侵入経路を完全に遮断しよう!

虫対策!部屋への侵入経路を完全に遮断しよう!

部屋に虫が入ってくると、嫌な気持ちになる人もいるのではないでしょうか。
特に一人暮らしをしているのであれば自分で対処しないといけないので、その時にどのように対策をすればいいのか迷うことも十分にあり得ます。
その都度対処をして害虫たちを叩き潰したり、殺虫剤などで殺したりするのもいいですが、虫が繁殖していることも十分にあり得ますので、根本的なところから対処をしないといけません。

害虫が部屋に入ってくるのであれば、どこから侵入しているのかという侵入経路を特定する必要があります。
侵入経路を特定することができれば、少なくても入ってこない可能性は高まります。
数ミリ程度の隙間であっても害虫たちは入って来ますので、隙間を埋めることを考えてください。
虫の侵入経路として窓から入ってくるケースがあります。
いつも閉めきっているから大丈夫だと思っていても、ちょっとの隙間があれば十分に入って来ますので、窓に隙間があるかどうかをチェックするべきです。
隙間があるならばテープなどを使って補修をしたり、窓を開けた時に網戸が壊れていたのであれば破れを塞いだりと、対処をしてください。

意外に見逃されがちな場所として、玄関や換気口、エアコンの室外機の排水口ホースなどから虫が侵入することもあります。
玄関が開けっ放しになっていることは無いかもしれませんが、帰ってきて家に入る際に服についた虫が入ってくることがあります。
家に帰ってきたら、虫がついていないかどうか確かめるようにするといいでしょう。
換気口や排水口ホースからも虫が入ってくることがありますので、家に侵入しないようにホームセンターなどで売っているその場所専用のフィルターなどで対処してください。
網目が細かい方が虫の侵入を防ぐことができます。

キッチンやお風呂、洗面台などの水回りからコバエなどが発生するケースがあります。
特にキッチンなどの排水溝からは虫が入ってくるだけでなく、新たにコバエなどが発生したりします。
対策としては、水回りですのできちんと清潔を保つということと共に、虫の侵入を防ぐために排水溝用のフィルターを利用するということがあります。

害虫が侵入することだけを考えるのではなく、自分の部屋が汚いために害虫が発生することもある、ということを知っておいてください。
虫が好む繁殖環境になると、どんどん害虫たちが発生してしまいます。
部屋を清潔にするように心掛けて、虫が繁殖する環境にしないということが重要です。 そうすることによって侵入経路を絶つことにも繋がります。

関連記事