• ホーム
  • 賃貸でネット回線工事を行う時の注意事項

賃貸でネット回線工事を行う時の注意事項

賃貸物件でインターネットの回線工事を行う時にちょっとしたトラブルが起こることがあります。
そもそもその賃貸物件が光回線に対応しているのかどうかを確認しないといけません。
管理人に確認をしてもいいですし、ネットで確認をしても構いません。
ネットで確かめる場合には、光回線を提供してくれる会社のホームページでチェックをすることが可能です。
特に入居している賃貸物件で光回線のマンションタイプが導入されているのであれば、導入するのは決して難しくないです。

光回線に対応したマンションタイプであれば、回線工事をするのに必要な機器がもう導入されていたりしますので、管理人にすぐに許可を得ることができます。
工事をするにあたって穴を開けるなどのことは一切しなくてもいいので、そのまま申し込みを行うことが可能です。
賃貸物件によって対応している回線が異なったりしますので、入居する段階でどのような光回線が入っているのか確認するといいでしょう。

入居する時に部屋にすでに光回線が入っている場合、工事を回避することができます。
特に、光コンセントが存在するということであれば、すぐに申し込みを行うことによって利用をすることが可能です。
ただし、申し込みを行う時に工事不要だという旨を回線業者に伝えないと、工事費が必要になるということにも成りかねませんので注意してください。
光コンセントが存在するならば、工事費を回避することができますので、それを申込時に是非とも伝えてください。

また、自分が加入したい光回線があったとしても、そこにマンションタイプの機材が無いという場合は、戸建タイプで導入することが可能です。
しかし、戸建タイプで導入をする場合には、管理人の許可を必ずもらわないと工事をすることは不可能です。
どうしても戸建タイプを使いたいならば管理人に相談するといいでしょう。
相談した結果で導入できそうであれば、そういうタイプの光回線を導入すれば良いです。
一番いけないのは、管理人に相談もせずに勝手に申し込みをしてしまうことです。
そのことによってトラブルが起こることもありますので、絶対に止めるべきです。

有線による回線工事が一切認められない場合は、Wi-Fiで繋ぐことが可能なネット回線の申し込みをするしかありません。
ネット回線があれば、Wi-Fiルーターさえあればネットに接続することができますので、誰にも迷惑を掛けることなくトラブルが起こることなく利用をすることが可能です。

関連記事